研究会について

会長挨拶

本年2014年より会長に就任することとなりましました。九州精度管理研究会は40年を越える歴史を持ち、その九州全体の臨床検査の精度管理の発展に大きな足跡を残してきたばかりでなく、その先進性とレベルの高さから日本全体における臨床検査の精度管理の発展に与えた影響にも大なるものがあります。その初期には精度管理の在り方そのものを模索するところから始まり、今や確固とした方法論に基づき毎年250前後の医療機関の参加を得て九州の臨床検査精度管理の標準化と水準の維持に貢献しています。地域の精度管理の取り組みとしてはその草創期には精度管理法の開発に取り組み、まさにこの会の名のとおり研究会と言うにふさわしい組織でありましたが、回を重ね精度管理法が確立するにつれ、重点が精度管理の実施そのものへと偏りすぎているのではとの指摘を耳にするようになりました。これもあらゆる組織が発展し成熟へと向かう避けられない過程であるのかもしれません。しかし、全国レベル、世界レベルの外部精度管理が多く存在する現在、地元の一線医療機関に根差した市や県レベルの精度管理活動に比べ、広域な地域精度管理活動を担う九州精度管理はこのままではその存在意義を問われかねません。

それに呼応しているかのように、本会の運営体制そのものまでが時代に合わせた変革をせまられることになって来ました。ちょうどこの様な時期に本会の運営を引き受けるようになったのもめぐり合わせであろうと心を決めて、時代のマッチした新しい九州精度管理研究会へと変貌させるべく努力していきたいと考えております。

まず今年は、新しい運営体制そのものを確立し安定的な運営ができるよう取組みます。参加企業、医療機関等の皆様には新たな負担をお願いすることになることと思いますが、ご協力をよろしくお願いします。その後、精度管理事業に加え研究会の名にふさわしい活動に積極的に取り掛かりたいと考えています。その際には皆様のお知恵を是非拝借させていただきたくお願い申し上げます。

2014年6月
九州臨床検査精度管理研究会
会長  康 東天

規約

                        第一章 総  則

(名称)
第1条  本研究会は、九州臨床検査精度管理研究会と称する。
(事務局)
第2条  本研究会は、事務局を理事会が適当と認める場所に事務局
を置く。
(目的)
第3条  本研究会は、九州地区を中心に日本全国の臨床検査分野における精度管理調査の実
践とその向上について啓蒙活動を行い、併せてこれに関連した学術研究の振興に貢献
することを目的とする。
(事業)
第4条  本研究会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
1)臨床検査の精度管理、精度向上、精度管理用試薬および機器等に関する調査の実践
ならびに検査データ統一のための研究
2)その他本研究会の目的を達成するために必要とする事業

                         第二章 理事

(理事)
第5条  本研究会の目的に賛同する九州地区の医学部附属病院検査部長、学識経験者。

                         第三章 会   員

(会員)
第6条  本研究会の会員は、次の通りとする。
・正会員:本研究会の目的に賛同し、本研究会の精度管理に参加する九州地区の法人ま
たは個人
・特別会員:本研究会の目的に賛同し、本研究会の精度管理に参加する九州地区以外の
地区の法人または個人
・賛助会員:本研究会の目的に賛同しこれを援助する個人または法人会員の入会には理
事会の承認を必要とする。

                         第四章 役  員

(役員)
第7条  本研究会に次の役員を置く。
会 長             1名
副会長             1名
理 事             若干名
監 事             1名
・会長は、理事の互選により選出する。
・副会長は、理事会の承認を得て会長が委嘱する。
・監事は、理事会の承認を得て会長が委嘱する。
(役員の職務)
第8条
・会長は、本研究会を代表し会務を統轄する。
・副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときまたは欠けたときに、その職務を代行す
る。
・前各号以外の理事は、担当業務を分掌してこれを執行する。
・監事は、会の資産の状況を監査するとともに、理事会に出席してその職務に関し意見を
述べることができる。

(役員の任期)
第9条
1)役員の任期は、4月1日から翌々年の3月31日までの2年間とし、再任を妨げない
ものとする。ただし、教授、検査部長等の役職を退いたときは原則として再任されな
いものとする。
2)補欠または増員による役員の任期は、前任者または現任者の残任期間とする。
(役員の報酬)
第10条 役員には報酬を支給しない。

                         第五章 理事会

(構成)
第11条 理事会は、年1回以上開催する。
(機能)
第12条 理事会は、本規約で別に定めるもののほか次の事項を決議する。
1)事業計画および収支予算
2)事業報告および収支決算
3)その他本研究会の運営に関する重要な事項
(召集)
第13条 理事会は、会長が召集し、議長を務める。
(定足数)
第14条 理事会は、理事の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。
(決議)
第15条
・理事会の付議事項は、出席理事の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは、議長
の決するところによる。
・理事会に出席できない理事は、あらかじめ通知された事項について書面をもって賛否の
意思を表明し、または他の理事を代理人として議決を委任することができる。
・会長は、簡易な事項または急を要する事項については、書面を送付して賛否を求め、会
議に代えることができる。
(議事録)
第16条 理事会を開催したときは、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。
1)日時および場所
2)理事の在籍数
3)出席した理事の氏名
4)議事の経過
5)決議事項およびその内容
・議事録には議長および出席した理事の半数以上の署名、捺印を得なければならない。

                         第六章 顧  問

(顧問)
第17条 本研究会に顧問を置くことができる。
・顧問は、理事会の推薦により会長が委嘱する。
・顧問は、本研究会の重要な事項について、会長の諮問に応じて意見を述べるものとす
る。

                         第七章 資産および会計

(資産)
第18条 本研究会の資産は、次に掲げるものをもって構成する。
1)本研究会の精度管理調査参加費
2)寄付された資産
3)資産から生じる収入
4)その他の収入
(資産の管理)
第19条 本研究会の資産は、理事会の決議に基づいて会長がこれを管理する。
(経費の支弁)
第20条 本研究会の経費は、第18条に規定する資産をもって支弁する。
(予算および決算)
第21条 本研究会の収支予算は、理事会の決議により決定する。
・本研究会の収支決算は、毎会計年度終了後3ヶ月以内に監事の監査を経て、理事会の
承認を得なければならない。
(剰余金の処分)
第22条 本研究会の毎会計年度剰余金は、翌会計年度に繰り越すものとする。
(会計年度)
第23条 本研究会の会計年度は、毎年4月1日から3月31日までとする。

                         第八章 規約の変更

(規約の変更)
第24条 本規約は、理事会において全理事の3分の2以上の同意を得なければ、変更することが
できない。

(解散)
第25条 理事会において全理事の3分の2以上の同意により本研究会を解散することができる。

付 則

本研究会の事務局は平成26年4月1日より福岡市東区馬出3-1-1 九州大学病院検査部内に置く

構成員

理事

会長 康  東天 九州大学大学院医学研究院臨床検査医学分野 教授
監査 松永  彰 福岡大学医学部臨床検査医学講座 教授
理事 竹内 正明 産業医科大学病院 臨床検査・輸血部 部長 診療教授
中島  収 久留米大学病院臨床検査部 部長 教授
末岡榮三朗 佐賀大学医学部臨床検査医学講座 教授
栁原 克紀 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学分野 教授
髙橋 尚彦 大分大学医学部循環器内科・臨床検査診断学講座 教授
松井 啓隆 熊本大学大学院生命科学研究部臨床病態解析学分野 教授
岡山 昭彦 宮崎大学医学部内科学講座免疫感染病態学分野 教授
橋口 照人 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科血管代謝病態解析学 教授
前田 士郎 琉球大学大学院医学研究科先進ゲノム検査医学講座 教授

生化学部門

委員長 康  東天 九州大学大学院医学研究院臨床検査医学分野 教授
解析委員 堀田多恵子 九州大学病院検査部
酒本美由紀 九州大学病院検査部
渡邉久美子 九州大学病院検査部
川満 紀子 九州大学病院検査部
加藤 純子 福岡大学病院臨床検査部
生田 幹博 福岡大学筑紫病院臨床検査部
藤波 清香 福岡大学病院臨床検査部
早原 千恵 産業医科大学病院臨床検査・輸血部
比嘉 幸枝 産業医科大学病院臨床検査・輸血部
吉田 真紀 飯塚病院中央検査部
井上 賢二 久留米大学病院臨床検査部
新開 幸夫 佐賀県医療センター好生館検査部
臼井 哲也 長崎大学病院検査部
菖蒲  巧 独立行政法人地域医療機能推進機構諫早総合病院検査部
池田 勝義 熊本保健科学大学保健科学部医学検査学科 教授
山内 露子 熊本大学病院中央検査部
濱野 貴磨 社会医療法人長門莫記念会長門記念病院検査科
緒方 良一 宮崎大学医学部附属病院検査部
山内  恵 琉球大学医学部附属病院検査・輸血部

免疫血清部門

委員長 橋口 照人 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科血管代謝病態解析学 教授
解析委員 楢原 真二 熊本保健科学大学保健科学部 教授
髙手 恵美 鹿児島大学病院検査部
江頭 弘一 久留米大学病院臨床検査部輸血検査室
坂本 徳隆 地方独立行政法人福岡市立病院機構福岡市民病院臨床検査部

微生物部門

委員長 栁原 克紀 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学分野 教授
解析委員 松田 淳一 長崎大学病院検査部
森口 美琴 熊本労災病院中央検査部
川上 洋子 国立病院機構熊本再春荘病院臨床検査科
德重智絵美 福岡大学病院臨床検査部
松尾 龍志 独立行政法人国立病院機構福岡東医療センター臨床検査科

研究論文